清水 健講演会

投稿日:

人権

大切な「想い」を発信し続ける。

プロフィール

1976年生まれ。大阪府堺市出身。 2001年『どっちの料理ショー』『あさパラ!』などの情報バラエティー番組を担当し、「シミケン」の愛称で親しまれる。 2009年からは読売テレビの報道番組『かんさい情報ネットten』を担当し2011年から6年間メインキャスターを務めた。 2013年 5月 スタイリストだった、奈緒さんと結婚。 2014年10月 長男が誕生。妊娠中に妻が乳がんと診断、「3人で生きる選択」をし、長男を出産した。 妻は、結婚から約1年9ヶ月後に29歳で死去。 悲しみの中で育児に仕事に邁進する日々が続いた。 2016年2月 妻・奈緒さんの一周忌に、奈緒さんとの出会いから、結婚生活、闘病生活、出産、現在に至るまでを克明に 記した、 自身初の著書である手記『112日間のママ』を小学館から刊行。 発売1か月で異例の10万部。現在も増刷を繰り返している。 2016年4月 一般社団法人清水健基金を設立し、代表理事に就く。 手記の収益、講演会の収益などは入院施設の充実、がん撲滅や 難病対策に取り組む団体へ寄付している。 2017年1月 読売テレビを退社。 長男との時間も大切にしながら、自身の経験をもとに 「大切な人の『想い』とともに…」をテーマに講演会活動を精力的に 行っている。

ギャラリー

芸術鑑賞会についてのお問い合わせ・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ACCESS

アクセス〒639-1123 奈良県大和郡山市筒井町 881-1

GOOGLE MAP