JCM民族楽団中国民族楽器

投稿日:

伝統芸能

中国の文化を音楽で伝える

プロフィール

JCM民族楽団とは2012年九月に発足した音楽団体。  中国民族楽器演奏家や歌手、変面、獅子舞をメインメンバーとし、芸術総監督はリュウイが務めている。  本楽団は成立した以来、定期敵にコンサートを開催するほか、中国音楽と文化の普及や地域コミュニケーションを促進する活動などにも積極的に取り込んでいる。  現在までにおいて、自催、共催イベントを含め、楽団が関わった各種イベントは400回を超えている。 ?芸術総監督 リュウイ  中国内モンゴル自治区出身。中国国立藩陽音楽学院卒業。リュウリュウプランニング代表。歌唱家・フルス奏者。  2009年来日。それ以来、「2011年中国総領事館開催した被災地への支援チャリティコンサート」、「2009、2011、2012年度大阪中秋明月祭のプログラム」、「辛亥革命100年記念公演」など、関西地区の日中友好協会に依頼され、多くの場で国際文化交流イベントやコンサートのプログラムを監督してきた。神戸(NPO国際音楽法人中国民族楽器教室講師)、大阪、奈良、京都で中国民族楽器「フルス教室」を主宰している。

主な活動履歴

2012.NHK のど自慢に生出演、合格し、好評を博す
2012.イベント企画事務所リュウリュウプランニング設立
2013.神戸市と天津市で神戸天津友好都市

   提携40周年&NPO法人国際音楽協会

   15周年公演オペラ夕鶴出演
2014.クレオ大阪でリサイタルを開催し、

   京都西安友好提携40周年記念イベントの企画、出演
2015.音楽シルクロード中国の旅 コンサートを企画、出演

ギャラリー

芸術鑑賞会についてのお問い合わせ・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ACCESS

アクセス〒639-1123 奈良県大和郡山市筒井町 881-1

GOOGLE MAP